[iPhone SDK] View Based Application で NIB(XIB)ファイルを削除してみる

公開日: : iPhone, ,

iPhoneアプリ開発に慣れてくると、段々Interface Builderを使わなくなってくる。
Interface Builder との連携を完全に切ろうと思い、今回初めてView Based で作成したプロジェクトで NIB(XIB)ファイルを削除してみたらはまったのでメモしておく。

Stack Overflowでも、同じようにはまっている人がいた。(what is the difference between loadView and viewDidLoad?)

NIBファイルを削除すると、NIBファイルが生成してくれていた、UIWindowやUIViewControllerを自力で作らなければならなくなり、UIApplicationMain の変更も必要になる。
さらに、UIViewController はデフォルトではNIBファイルを読みにいってしまう(実際には、self.view に値がないとNIBファイルを探しに行くようだ) ので、それを避けるためにloadView でUIView を作成する必要がある。

参考にしたのは UIKit詳解リファレンスのP.21-P.27あたり。

UIKit詳解リファレンスは Window Based なプログラムを改造しているが、自分は View Based で作ったものを改造したので、loadViewのところではまってしまった。

具体的には、下記のステップの4,5が異なる。

  1. 「グループとファイル」から、.xib ファイルを全てDeleteキーで削除する
  2. info.plist から Main nib file base name を項目自体Deleteキーで削除する
  3. main.m のUIApplicationMain の第4引数の nil を アプリケーションデリゲートクラス名に変更する。
  4. アプリケーションデリゲートクラスの applicationDidFinishLaunchingXXX で、UIWindow と UIViewController を自力で作成する
  5. UIViewController クラスのloadViewで、self.view に UIView を自力で作成して入れる

手順をもう少し詳しく書いてみる。

View Based Application のテンプレートを使い、 NoXibTest という名前のプロジェクトを作成

「グループとファイル」から、MainWindow.xibとNoXibTest2ViewController.xibを削除

main.m の UIApplicationMain を下記のように変更

int main(int argc, char *argv[]) {
    
    NSAutoreleasePool * pool = [[NSAutoreleasePool alloc] init];
    int retVal = UIApplicationMain(argc, argv, nil, @"NoXibTestAppDelegate");
    [pool release];
    return retVal;
}

アプリケーションデリゲートクラスの applicationDidFinishLaunchingXXX で、UIWindow と UIViewController を自力で作成する

	
- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {    
    
    // Override point for customization after application launch.
	CGRect rect = [[UIScreen mainScreen]bounds];
	window = [[UIWindow alloc]initWithFrame:rect];
	viewController = [[[NoXibTestViewController alloc]init]autorelease];

    // Add the view controller's view to the window and display.
    [window addSubview:viewController.view];
    [window makeKeyAndVisible];

    return YES;
}

UIViewController クラスのloadViewで、self.view に UIView を自力で作成して入れる

- (void)loadView {
	CGRect screenBounds = [[UIScreen mainScreen]bounds];		
	UIView *view = [[[UIView alloc]initWithFrame:screenBounds]autorelease];
	view.backgroundColor = [UIColor redColor]; // わかりやすいように赤背景にする
	self.view = view;	
}

うまくいかなかったらお知らせください。

関連記事

no image

[感想] ルールを変える思考法 川上量生(著)

Kindle セールで安く売られていたのと、ゲーマー向けの話が多いということで買ってみた。 非ゲー

記事を読む

no image

[iPhone SDK] ネットワーク接続の有無を確認する方法

iPhoneでネットワーク接続できないときには一応エラーダイアログを出す方がよいだろうと考えて方法を

記事を読む

[iOS SDK] アプリを起動しない 3D quick action は実現できるか

iPhone 6s / iPhone 6s Plus から 3D Touch 機能が搭載されたが、搭

記事を読む

EverLearnのURLスキーム

EverLearn の URL スキームをちゃんと公開していなかったので公開しました。EverLea

記事を読む

au で iPhone5 を下取りに出してきた

今ならiPhone 5を32000で買い取りしてもらえるということで、au Shop に行っ

記事を読む

no image

[iOS] iPhone とつながるG-SHOCKの注意すべき仕様

CASIO 腕時計 G-SHOCK ジー・ショック Bluetooth Low Energy対応

記事を読む

Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products

Jony Ive: The Genius Behind Apple's Greatest Produ

記事を読む

no image

Kickstarter で iPhone/Android で使える腕時計 Pebble に出資してみた

Kickstarter で28時間で100万ドルを調達したという Pebble E-Pape

記事を読む

QUICCO Sound mi.1rev.3

Bluetooth でMIDI信号を飛ばせる QUICCO sound mi.1 について。以前 K

記事を読む

no image

RPG風タスク管理アプリ EpicWin

Designed for Use を読んでいて、例として紹介されていたので試しに買ってみた RP

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

LogLocations 1.4.0 写真表示対応

行動ログは取りたいが、何も操作したくない。という自分のようなずぼらな

Apple Watch用バッテリーロガーを公開しました

1年前に開発し、App StoreにSubmitしたものの Reje

Guideline 2.5.10 – Performance – Software Requirements で Reject

2019年3月27日以降、iPhone Xs Maxの画面サイズ6.

XcodeにiPhoneとwatchが表示されない

2019年はGWに10連休があるということで、今日は3日目。毎日少し

Xcode のインストール進捗確認

Mac App Store を使って 2019/04/18に公開され

→もっと見る

PAGE TOP ↑