PebbleアプリのPebble Time Round対応

公開日: : 最終更新日:2016/03/09 iPad, iPhone, Pebble

Before

round-before

After

round-after 

丸くなったPebbleを初レビュー。ギークじゃなくても使えるスマートウォッチに! : ギズモード・ジャパン

2015年11月にPebble Time Round が発売されたが、丸画面対応が大変そうだったのと、Pebble Timeを買ったばかり & Round 実機が$250と高くて買えなかったのでアプリ側の対応を先延ばしにしていた。

今回Pebbleアプリを更新したらiPhoneと接続できない問題が発生した際に問題修正のため Pebble SDKを最新にしたので、この機会にようやくEverLearnアプリを Pebble Time Round に対応した。

Pebbleアプリへのリンクはこちら

開発には

Creating Round Apps // Pebble Developers

IRKit Remote watchappのPebble Time Round対応 – kwLog

を参考にした。

Pebble SDKの更新は以前はSDKダウンロード後コマンドライン作業が必要だったが、今は

brew install pebble/pebble-sdk/pebble-sdk でいける。

さらに今は CloudPebble 環境も提供されているが、Bluetooth通信もサポートされているか不明なのでいまだにSDKを使っている。

iOS PebbleKit 更新は CocoaPods の pod install でいける

自分はこれまで Pebble Emulatorを使ったことがなく、つねに実機を使っていたが今回はそもそも Pebble Time Roundの実機をもっていないので、Emulatorを活用した。実機を使う場合よりもトライアンドエラーがやりやすく非常に助かった。

コマンドラインから実行する場合、

pebble install —emulator chalk

で Emulator を起動してアプリをインストールすることができる。

Emulator の操作は、Mac/PCのカーソルキーを使って行うことができる。ボタン長押しは、キー長押しで行うことができた。 

対応作業としては、appinfo.json に

“targetPlatforms”: [

    “aplite”,

    “basalt”,

    “chalk”

  ],

のように chalk (3つめのプラットフォーム、Round)を追加。

#ifdef PBL_RECT

#ifdef PBL_ROUND

などを使ってプラットフォーム固有コードを入れていく。Pebble Time Round が一番特殊な対応となった。

SDK 3.x Migration Guide // Pebble Developers

また、いつの間にか FONT_KEY_LECO_42_NUMBERS など最近のPebbleぽいフォントも増えていたので、使ってみた。

Using Pebble Fonts // Pebble Developers

今回一番苦労したのが ScrollLayer を使っている部分だが、Creating Round Apps // Pebble Developers にしたがって対応してみたがうまくいかなかった。

feature-scroll-layer/feature_scroll_layer.c at master · pebble-examples/feature-scroll-layer のサンプルコードとほぼ同じコードなのに文字列の末尾がtruncate されてしまう。サンプルコードと同じはずなので、プラットフォーム側の問題かも知れない。

Round に対応したアプリを公開する場合、RoundのスクリーンショットのDev-portalへの追加が必須となる。

Taking Screenshots // Pebble Developers を参照して、下記のようにコマンドラインから取得した。

screenshot-chalk

近いうちに iOSアプリとともに公開します。

関連記事

no image

スマートフォン手袋を買ってみた 2011

去年買ったスマートフォン用手袋は石油くさくてかなりつらい思いをしながら使ってましたが、今年もこりず

記事を読む

no image

おすすめ iPhone5用ケース iJacket

iPhone5購入時に同時に購入したケース(写真上)が1ヶ月程度でかなりみすぼらしい状態

記事を読む

no image

Learn iPhone and iPad Cocos2D Game Development

洋書だけれども、ApressからCocos2d を使ってゲーム開発する本として Learn iPho

記事を読む

Pebble GPS Pal Strap に出資してみた

Pal Strap - GPS & Extended Battery Strap For P

記事を読む

no image

メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電 感想

西田宗千佳氏の本はいつも面白い。 今回も予想に違わず面白かった。 自分も同じような情報は知っているは

記事を読む

no image

[iPhone SDK] アプリケーションのローカライズ

iPhoneアプリを作っていて、一通り作り終わったら最後にやる作業の一つとして、ローカライズがある。

記事を読む

iPhone6, Xperia, Galaxy Note サイズ比較

  iPhone6 Plus は一体どれくらい大きいのか想像ができなかったの

記事を読む

開発用iPad比較検討2016

手持ちのiPad2およびiPad mini 初代がiOS10のサポート対象から外れてしまったので、i

記事を読む

新しいAirPodsを買ってみた

2019年3月20日に突如発表された、新しい AirPods を買ってみた。 新型「

記事を読む

no image

GTD用にOmniFocusを購入

半年くらいMacBookとiPhoneでOmniFocusを使っている。 なかなか良いので、紹介して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

LogLocations 1.4.0 写真表示対応

行動ログは取りたいが、何も操作したくない。という自分のようなずぼらな

Apple Watch用バッテリーロガーを公開しました

1年前に開発し、App StoreにSubmitしたものの Reje

Guideline 2.5.10 – Performance – Software Requirements で Reject

2019年3月27日以降、iPhone Xs Maxの画面サイズ6.

XcodeにiPhoneとwatchが表示されない

2019年はGWに10連休があるということで、今日は3日目。毎日少し

Xcode のインストール進捗確認

Mac App Store を使って 2019/04/18に公開され

→もっと見る

PAGE TOP ↑