LogLocations

icon

ご注意 2019/05/18

iOS11以降で、自動でログがとられない場合、設定アプリの プライバシー > 位置情報サービス > LogLocations で、「常に許可」に設定してみてください。

このあたりの仕様はOSバージョンアップ毎に変更されるため、よく混乱が起きています。

ご注意 2014/01/03

iOS7 にアップデートした後は、自動でログが記録されない状態になってしまいます。
この場合、一度手動でアプリを起動してください。
その後は、iOS6 以前と同様に、自動でログが取得されるようになります。
これは iOS7 の仕様のようなので、一度手動起動することで対応よろしくお願いします。

アプリ説明

LogLocations は毎日どこに行ったのかを自動的に記録するアプリケーションです。

iOS 4 以降でサポートされたマルチタスキング機能を使い、他のアプリを起動中でも時々バックグラウンドで位置情報を取得します。

iPod touch シリーズでは使用できません。

位置情報が大きく変化したタイミングで記録をとるiOSの機能を使っていますので、記録タイミングは iOSまかせです。

省電力のために処理は必要最低限としており、記録するいちは超絶アバウトです。正確に毎日どこに行ったのかを記録するアプリではありませんので、過去を振り返る際のちょっとしたヒントにするくらいにお使いください。

原理を詳しく知りたい方は Mac, iPhone, iPad » [iPhone SDK] Significant-change Location Service の挙動 をどうぞ。

本アプリをこちらで紹介していただきました。

Punksteady: 行った場所のログを自動取得できるLog Locations

2019/05/18

LogLocations 1.4.0 写真表示対応

2018/09/20

LogLocations 1.3.4 リリース

2012/08/26 追記

正確に位置情報を記録するアプリではありません、と書いてあるのにもかかわらず位置情報が正確でない、とレビューで批判されることが多かったので、2011年11月からApp Store で非公開状態にしていました。

しかしアプリの意図を理解していただいているユーザの方からTwitterで不具合報告と機能追加要望をいただきましたので、一時的にまた公開してみます。酷評が続きましたらまた非公開にしますのでそれまでに取得よろしくお願いします。

GPX File Export

2010/09/06 Ver.1.1.0 一日の位置情報を GPX Format File にエクスポートして、メールで送信する機能を追加しました。

メール送信したGPX File は、日本であればルートラボなどのWebサービスにインポートすれば、地図上で移動の様子を確認できます。

海外サイトであれば、EveryTrail で同様のことが可能です。

IMG_0289


公開日:
最終更新日:2019/05/18

LogLocations 1.4.0 写真表示対応

行動ログは取りたいが、何も操作したくない。という自分のようなずぼらな

Apple Watch用バッテリーロガーを公開しました

1年前に開発し、App StoreにSubmitしたものの Reje

Guideline 2.5.10 – Performance – Software Requirements で Reject

2019年3月27日以降、iPhone Xs Maxの画面サイズ6.

XcodeにiPhoneとwatchが表示されない

2019年はGWに10連休があるということで、今日は3日目。毎日少し

Xcode のインストール進捗確認

Mac App Store を使って 2019/04/18に公開され

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑