ようやくAppStore に Submit

公開日: : 最終更新日:2010/02/15 iPhone, MacBook

@ITの 日本人がつまずかないためのiPhone開発ポイント を読みながらAppStoreにアプリ公開をしようとしている。

とりあえず無料版なので会社情報などは不要だろう。

リリースモジュールはプロビジョニングが違う、と書いてあるがリリースモジュール用プロビジョニングとは?

実際 iTunes Connect にアプリをアップロードしようとすると、The binary you uploaded was invalid. The signature was invalid, or it was not signed with an Apple submission certificate. というエラーが出てアップロードできない。

Apple Submission Certificate とは何か? 眠くて考えられない…

と言う状況から一晩寝て朝6時から作業を開始、8時にようやくSubmit完了。

はまると思ったらやはりはまってしまった。

必要だったのは、下記の2つだったようだ。

  1. Distribution 用証明書 (iPhone Developer Program Portal の Certificates の Distribution タブから作成)
  2. Distribution 用Provisioningファイル(iPhone Developer Program Portal のProvisioning タブから作成)

これらをページ上で申請、ダウンロードして、 証明書はダブルクリックでMacに取り込み。ProvisioningファイルはXcodeのオーガナイザから取り込みをする必要があった。

さらに、Xcodeのプロジェクトの情報で、コード署名IDを設定する必要がある。コード署名IDは今まではiPhone Developer: XXX だったが、公開版は iPhone Distribution: XXX になるようだ。

そして57×57 PNGファイル、512×512 JPEGファイル、アプリ代表的なスクリーンキャプチャを順次アップロードして終了。

日本のAppStoreに申請したので、しばらくはGWで誰もいないようなきがする。果たしていつ返答があるか。おそらく一発で公開まで行くことはきっと無いだろう。

しかしとりあえずこれでアプリ公開までの一通りの流れを知ることができたので、次はまともなものを公開したい。

ピクチャ 11s.png追伸:

@ITの 日本人がつまずかないためのiPhone開発ポイント には書いていないが、iTunes Connect のPrimary Language はEnglish にした方がいいことが2010年になってからわかった。

複数の人がWeb上で報告をしているが、まだそれほど浸透していないようだ。自分も知らずにPrimary LanguageをJapaneseに設定してしまった。2010年2月にAppleに確認したところ、システムの仕組み上、一度設定してしまったPrimary Languageは変更できないとのことだった。

詳しくはこれらを参照のこと。

しかしこの記事を見ている人はすでにPrimary Languageは設定してしまった後泣きがするけれども。

関連記事

MacOS Yosemite に Pebble SDK 3.0 をインストールする

Pebble Timeが届いたので、早速 Pebble SDK 3.0 をMacBook P

記事を読む

no image

[iOS SDK] iPhone/iPad はサイレントモードにしても音が鳴る

この前、iOS5 を入れた iPad2 で おんぷちゃん for iPad から音が鳴らない、ほかの

記事を読む

no image

iPhone SDK開発のネタ帳 Observerパターン

Head First デザインパターンでも2番目に紹介されているObserverパターン。使用頻度も

記事を読む

Everio で撮影した動画を写真袋で公開する

年末に奥さんが Victor Everio GZ-HM670 で撮影した長女のバレエ動画を写真袋で

記事を読む

no image

自作iPhoneアプリ いろいろレビュー依頼

アプリ制作日誌 #app_24: iPhoneアプリのレビューを、寄稿・依頼できるサイトまとめ。 と

記事を読む

no image

WWDC 2010 開幕

去年と違って今年はすっかりTwitterが一般化しているので、WWDCに行く人たちの様子がよくわかる

記事を読む

no image

AirMac Extreme (第5世代) MD031J/A 購入。15400円。

自宅の無線LAN環境に関して不快なことが多いので半年くらい悩んだ後にAirMac

記事を読む

no image

最近読んだ本: これでiPhoneアプリが1000万本売れた 南雲 玲生著

周りでおもしろいと言っている人がいたので買ってみた。2011/05/21発売。 株式会社ユードーの南

記事を読む

no image

EverLearn 1.3.0 をリリースしました

EverLearn 1.3.0 をリリースしました。(2013/10/25 公開) これまでの成績

記事を読む

iTunes Connect でアプリページを表示できない

いつからかわからないけれども、iTunes Connect で自分のアプリを表示できなくなってしまい

記事を読む

Comment

  1. nabe より:

    初めましてnabeといいます。
    ProvisioningファイルはXcodeのオーガナイザから取り込みをする必要があると書いてありますが、Provisioningファイルが選択されずに取り込めなくて困っています。何か方法が合ったら教えて下さい。よろしくお願いします。

  2. CHOBI より:

    OSを再インストールしたらKeyChain からCSRを新しく作成したファイルをポータルサイトにアップロードする際にエラーにが発生するようになりました。。かなりお手上げです。
    メッセージは以下の通りです。

    We are unable to upload this Certificate file because it is invalid. Please check the file and try again.

    だれか、知ってたらアドバイス下さい。

  3. admin より:

    すいません、調べて回答しようと思っていたらすっかり遅くなってしまいました。
    自分には心当たりがないですが、やはりAppleに問い合わせするのが早いかと思います。
    さすがにもう解決していそうですが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

watchOS6でWKRefreshBackgroundTaskが動かない

自作アプリ Watch Battery Loggerの改良版を作って

Xcode 11.2 Release

Xcode 11.2 がようやくリリースされた。これにより、

dyld`__abort_with_payload:でクラッシュ WatchKitApp on Xcode11.1

Xcode 11.0 や Xcode11.1で以前はビルドし

【電子版】雰囲気でOAuth2.0を使っているエンジニアがOAuth2.0を整理して、手を動かしながら学べる本

台風で家にこもっているので、気になっていた 【電子版】雰囲気でOAu

MacFan 2019年11月号購入

毎年この時期は必ず Mac雑誌を買っている。発売されたばかりのiPh

→もっと見る

PAGE TOP ↑