[iPhone SDK] Significant-change Location Service の挙動

公開日: : 最終更新日:2011/09/26 iPad, iPhone ,

iPhoneで位置情報取得を連続して行うと、あっという間に電池が無くなってしまう。これは、位置情報取得のためにGPS関係のデバイスを軒並み起動しているためらしい。
このため、iOS4より、Significant-change Location Service という便利なものが用意された。
ずっと測位を続けていると電池がすぐに無くなるが、このサービスを startMonitoringSignificantLocationChanges: で開始すると、前回の測位から大きな距離の移動があった場合にのみ、locationManager:didUpdateToLocation:fromLocation: を呼び出してくれる。
バックグラウンドに入っていても通知されるし、バックグラウンドに入っていつの間にか他にアプリに押し出されて終了してしまっても、自動的に再起動をしてくれるとドキュメントには書かれている。

しかしiOS4 Betaの間はなかなか動作が安定せず、その後もなかなかまともに動いていなかったようなのでそんなにきっちり調べていなかったのだが、そろそろまじめに挙動を調べてみようと思う。

同様の疑問を持った人がいて、StackOverflow に質問をしてくれていた。
Behaviour for significant change location API when terminated/suspended? – Stack Overflow

この人によると、startMonitoringSignificantLocationChanges: を呼び出してバックグラウンドに回ったアプリは、たとえ終了させられたとしてもiOSから通知を受けられるが、app delegate のcallbackは全く受けられないという。
さて、実際どうなのかをアプリにログ書き出し機能を入れて試してみる。
位置情報取得系アプリは、実際に移動しないとデバッグができないのがつらい。
いや、何か回避する方法があるのかな。

2010/10/07 試験1

試験に使ったのは、自作の Log Locations
これは起動しておくとバックグラウンドでSignificant-change Location Serviceを使って自動的に測位をしていくライフログ的なアプリなのだけれども、バックグラウンドに入れていろいろなアプリを起動すると、いつの間にかバックグラウンドからいなくなっており、それ以降ログがとられない。
しかし、Appleのドキュメント通りならば終了させられてもまた長い距離を移動すれば自動的に起動させられるはず。
これを、最近検索して見つけた iMemoryGraph を使って確認してみた。

で、結果としては確かにメモリから追い出されて終了させられたことをiMemoryGraphのプロセス一覧画面で確認したのだが、帰宅途中に見たら確かに復活していた。
ということで、確かに起動はしてくれているようだ。
なのに、なぜ測位結果が残らないのかを次は調べてみよう。

追記 2011/07/13

調べてみよう、と書きつつその後の結果を書いていなかったのでいまさらながら書いてみる。
その後、ログを出力するコードを入れて毎日通勤時に動かしてみてログを確認することを繰り返して、startMonitoringSignificantLocationChanges: により自動起動された場合、起動されるけれどもごく一部のコードしか呼ばれないことが判明した。
そして、起動されてもすぐにバックグラウンドに入ることもわかった。
確かに、大きな距離移動して自動起動されたとしてもUIが表示されるわけではないし、フォアグラウンドに出てくるわけでもないので、呼ばれていたのは
– (void)applicationDidEnterBackground:(UIApplication *)application {
だった。
このため、ここで CLLocationManager をallocして、一通りの初期化をする必要があった。
また、すぐにバックグラウンドに入ってしまうので startMonitoringSignificantLocationChanges: を呼ぶ必要もあった。
これらのことを実行することで、バックグランドに入り、メモリ不足でアプリ終了されてもその後起動してログをとり続けることができるようになったようだ。

iMemoryGraph 1.5(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.2 以降が必要

iMemoryGraph 1.5
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 App
更新:2010/08/20

imagesimages

関連記事

[iOS SDK] WatchKitでできることできないこと 2015年3月

Apple Watch発売日(2015年4月24日)までに自作アプリの WatchKit対応

記事を読む

no image

iPhoneアプリUI研究本 iPhone User Interface Design Projects

それほど期待せずに買ったのだが、これは面白かった。 和書だと、iPhoneアプリ成功の法則に近いが、

記事を読む

The file XXX couldn’t be opened because you don’t have permission to view it.

The file XXX couldn't be opened because you d

記事を読む

no image

[iOS SDK] CGRect 関連の便利機能

CGRect を使っていていつも忘れて調べてしまうのでメモしてみる。 CGRect の変数を拡大・

記事を読む

no image

[iPad開発本] Beginning iPad Development

まだ数が少ないiPad開発本がApressから出たみたい。(Beginning of iPad De

記事を読む

おんぷちゃん for iPad 大譜表モード+MIDI対応を追加しました

おんぷちゃん for iPad: ぽこ・あ・ぽこ の方がおんぷちゃん for iPad を紹介してく

記事を読む

no image

EDAMTimestamp と NSDate の相互変換

Evernote SDKを使ったアプリで EDAMTimestamp を DBに格納する前に NSD

記事を読む

no image

CS 193P

今作っているiPhoneアプリに設定画面を追加しようと思い、UINavigationControll

記事を読む

no image

iOS7 から導入されるキッズカテゴリーにアプリを載せるための作業をしてみる

News and Announcements for Apple Developers でア

記事を読む

no image

最近読んだ本: これでiPhoneアプリが1000万本売れた 南雲 玲生著

周りでおもしろいと言っている人がいたので買ってみた。2011/05/21発売。 株式会社ユードーの南

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Developer Strap が日本でも購入可能に

USアカウントでしか購入できなかった Vision Pro 用 De

Vision Pro カバーケースを買ってみた

[itemlink post_id="11629"]

ZEISS Optical Insertsが左右逆で届いている人がいるらしい(自分は大丈夫だった)

Vision Pro はメガネを付けての使用ができないため、

祝Apple Vision Pro 日本発売

昨日 2024/06/28 ついに日本でも Apple Vi

初visionOSアプリをApp Storeに提出

日本での Apple Vision Pro 発売に1日遅れてしまった

→もっと見る

PAGE TOP ↑