UIScrollView の上で UIView を動かしたい

公開日: : 最終更新日:2011/06/16 iPad, iPhone ,

今作っているiPadアプリで、画面をピンチインアウトで拡大縮小して、さらにその上でドラッグで部品を動かせるようにしたい。
まずは画面をピンチインアウトで拡大縮小する方法を調べたところ、UIScrollView の上に部品を置いてあげればそれでよいとのこと。
iPhoneアプリ開発、その(118) UIScrollViewはどうやって使うのか?|テン*シー*シー
viewForZoomingScrollView メソッドも実装する必要がある。

ここまでは簡単だったのだが、拡大縮小できるようにして、さらに一部の UIView をドラッグできるようにしようとすると、touchesBegan たちが飛んでこない。
ここに同様のことが書かれていた。
iPhoneアプリ開発、その(121) なぜにtouchesBeganが来ない?|テン*シー*シー
nextResponder にタッチ情報を渡せばよいかと思ったが、そもそも UIScrollView 上に置いている部品に touchesBegan たちが呼ばれないようだ。

どうやら、UIScrollView がタッチ情報を取得して拡大縮小をしているので、それにより touchesBegan などは呼び出されないように見える。
かわりに、UIScrollView の scrollViewWillBeginDragging などは呼び出されるけれども、これだとtouchesMovedがないので使えない。

ということで、何とかUIScrollView上に置いた部品で touchesBegan 達をとれる方法を調べたところ、Stack Overflow で同様の質問がいろいろと見つかった。
UIScrollView に関してはかなりいろいろ混乱が起きていてノイズが多いのだが、UIWindow ををサブクラス化して sendEvent でメッセージをインターセプトする方法を使ったところ、やりたいことが実現できた。
iphone – Observing pinch multi-touch gestures in a UITableView – Stack Overflow
これは、UIWebView に独自にタッチジェスチャーを追加したりするときに使う方法のようで、これを使えばUIWindowに来るイベントを何でもインターセプトできるようだ。
ということで touchesBegan 達を UIView に送ることができた。

Stack Overflow で説明されていた、EventInterceptWindowDelegate の実装

#import <Foundation/Foundation.h>

@protocol EventInterceptWindowDelegate
- (BOOL)interceptEvent:(UIEvent *)event; // return YES if event handled
@end

@interface EventInterceptWindow : UIWindow {
    // It would appear that using the variable name 'delegate' in any UI Kit
    // subclass is a really bad idea because it can occlude the same name in a
    // superclass and silently break things like autorotation.
    id <EventInterceptWindowDelegate> eventInterceptDelegate;
}

@property(nonatomic, assign)
id <EventInterceptWindowDelegate> eventInterceptDelegate;

@end

UIWindow の sendEvent をオーバーライドして、自分で設定した delegate に情報を送る

#import "EventInterceptWindow.h"

@implementation EventInterceptWindow

@synthesize eventInterceptDelegate;

- (void)sendEvent:(UIEvent *)event {
    if ([eventInterceptDelegate interceptEvent:event] == NO) {
		NSLog(@"sendEvent", event);
        [super sendEvent:event];
	}
}

@end

AppDelegate で delegate をセットする

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {    
    
    // Override point for customization after app launch.
	
	// Set the view controller as the window's root view controller and display.
    self.window.rootViewController = self.viewController;
    [self.window makeKeyAndVisible];
	self.window.eventInterceptDelegate = self.viewController;
	
	return YES;
}

呼び出された側で、動かしたいUIViewにタッチ情報を送る

- (BOOL)interceptEvent:(UIEvent *)event {
	NSLog(@"interceptEvent");
	
    NSSet *touches = [event allTouches];
    UITouch *oneTouch = [touches anyObject];
	
	if([testView isObjTouched:[oneTouch locationInView:testView]]) {
		switch(oneTouch.phase) {
			case UITouchPhaseBegan:
				[testView touchesBegan:touches withEvent:event];
				break;
			case UITouchPhaseMoved:
				[testView touchesMoved:touches withEvent:event];
				break;
			case UITouchPhaseEnded:
				[testView touchesEnded:touches withEvent:event];
				break;
			default:
				break;
		}
		return YES;
	}	
    return NO;
}

追記 2011/06/06

もう一度試作していたところ、上記の UIWindow ををサブクラス化して sendEvent でメッセージをインターセプトする方法 を使わなくても、scrollViewのcontentviewの方にメッセージがとぶようになった。
そもそも、UIScrollView は、Appleの説明UIScrollView touch handling – Stack Overflow を参照すると、タッチしてからタイマーを開始し、タイマーが発火する前に指の移動を検知したらスクロールと判断するようになっている。

Because a scroll view has no scroll bars, it must know whether a touch signals an intent to scroll versus an intent to track a subview in the content. To make this determination, it temporarily intercepts a touch-down event by starting a timer and, before the timer fires, seeing if the touching finger makes any movement.

このため、タッチしてすぐに指を動かすとスクロール、ある程度指を置いてから動かすとcontentViewの方にメッセージが飛ぶようになっている。
ただ、この挙動はUIScrollViewのcanCancelContentTouches で変更することができる。
canCancelContentTouches を YES に設定すると、contentView にはメッセージが飛ぶことはないようだ。以前この記事を書いたときは、canCancelContentTouches が YES になっていたのでつねにUIScrollViewの方が反応していたのかも知れない。
canCancelContentTouches を NO の設定しておけば、ちゃんと contentViewにメッセージが飛んでいる。
UIWindow ををサブクラス化して sendEvent でメッセージをインターセプトする方法 は不要だったようだ。

ただ、今回は、
1) あるUIImageViewをタッチしてドラッグしているときにはスクロールさせず、そのUIImageViewを移動させる
2) そのUIImageViewでない、何もないところをタッチしてドラッグしているときにはスクロールさせる
ようにしたい。
この時の問題は、タッチしてちょっとしてcontentViewの方にメッセージが送られてしまうと、2)が実現されない。
このため、2)の時にはcanCancelContentTouches = YES として、contentView にメッセージが送られないようにした。
これにより、上記の挙動が実現できたようだ。

その後、delaysContentTouches を NO (デフォルトはYES) にしておけば、タッチしてすぐドラッグしてもcontentViewの方にメッセージが送られることもわかった。

関連記事

no image

iPhone 3G/3GS用ホルダーケース レイアウト RT-P2LC3 カラビナつき

カバンを持っていないときに、iPhoneをジーパンのポケットに入れておくのはちょっと不安。 なの

記事を読む

no image

有料iPhoneアプリを売る手続き

AppStoreで無料アプリを配布している分には必要ない手続きだが、有料アプリを売ろうと思うといろい

記事を読む

no image

iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド

こんなマニアックな本が11月に出ていたらしい。 立ち読みしてよさそうだったら買ってこよう。 売れ

記事を読む

no image

iOS開発におけるパターンによるオートマティズム の感想

タイトルを見ていまいち内容が類推できなかったのもあり買うつもりはなかったのだが、fladdict

記事を読む

iPhone 3G 購入

ついにiPhone 3G 購入。とは言っても自分ではなく奥さん用。 そのうちiPhone 3G 初

記事を読む

[iOS SDK] EverLearn 3Dタッチ対応

iPhone 7 Plus を購入したので、まずは EverLearn から、3Dタッチの対応を行い

記事を読む

EverLearn-Pebble

EverLearn 1.8.0をリリースしました

以前から、iOSから英単語をPebbleに転送できるアプリを作っていましたが、今回はPebbleの画

記事を読む

no image

派生クラスを変更し忘れて半日はまる

こんなコードを書いて半日はまっていた。 SettingViewController は UITa

記事を読む

Parse から Heroku, AWSへの移行ガイド

2017年1月28日にParseのサービスが終了するという衝撃的なニュース(Moving On)

記事を読む

[iOS SDK] アプリを起動しない 3D quick action は実現できるか

iPhone 6s / iPhone 6s Plus から 3D Touch 機能が搭載されたが、搭

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1 USB3.2 5in1ハブ を買ってみた

ちょうどiPhone のリストアを実行中で、2時間程度かかっていたた

Apple Developer Program 更新 2022

今年も Apple Developer Programを更新した。こ

M1 MacBook Air を macOS Monterey にアップデート

Xcode 13.3 アップデート するために、macOS

Xcode 13.3 アップデート

iPhone 11 Pro Max の iOSを15.4に上げてしま

[Apple Event]最高峰を解禁。

2022/03/09 3:00AM JST にApple Event

→もっと見る

  • 2011年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑