[iOS SDK] QuickDialog を使ってみた

公開日: : 最終更新日:2013/09/09 iPad, iPhone

[IOS] iOS オープンソースライブラリ徹底活用 菊田剛著 秀和システム | DevCafeJp で紹介されていた、QuickDialog – ESCOZ Inc を利用してみた。

これを利用すると設定画面作成作業がかなり楽になるのでとても助かる。
ドキュメントはあまりないので、サンプルプログラムを動かしてみて理解していくのが良さそう。
QuickDialog は ARC をサポートしている。

まだ検索してみてもあまりサンプルコードが見つからないので、参考までに今回使ったコードを切り出してみた。
これはTableViewから1つを選択するタイプのダイアログ。

Quick1使い方がこれで正しいかは不明だが、動いてはいる。

QRootElement* root = [[QRootElement alloc] init];
root.grouped = YES;
root.title = NSLocalizedString(@"Separate String", @"Separate String");

QSelectSection *simpleSelectSection =
[[QSelectSection alloc] initWithItems:nameArray selectedIndexes:nil title:NSLocalizedString(@"Select a separate string", @"Select a separate string")];
simpleSelectSection.onSelected = ^{
NSNumber *selected = [simpleSelectSection.selectedIndexes objectAtIndex:0];
};
[root addSection:simpleSelectSection];

QSection *btnSection = [[QSection alloc]initWithTitle:nil];
[root addSection:btnSection];

QButtonElement *okBtn = [[QButtonElement alloc]initWithTitle:@"OK"];
okBtn.onSelected = ^{
[self dismissViewControllerAnimated:YES completion:^{
[self.tableView reloadData];
}];
};
[btnSection addElement:okBtn];

QuickDialogController *qc = [[QuickDialogController alloc]initWithRoot:root];
[self presentViewController:qc animated:YES completion:^{
//
}];

こちらはラベルを複数表示するタイプのダイアログ。

Quick2

QRootElement* root = [[QRootElement alloc] init];
root.grouped = YES;
root.title = nil;

QSection* detailsSection = [[QSection alloc] initWithTitle:NSLocalizedString(@"About", @"About")];
[root addSection:detailsSection];

NSString *str1 = NSLocalizedString(@"Support Site", @"Supoprt Site");
NSString *str2 = NSLocalizedString(@"Twitter", @"Twitter");

QLabelElement *label1 = [[QLabelElement alloc]initWithTitle:str1 Value:nil];
label1.accessoryType = UITableViewCellAccessoryDetailDisclosureButton;
label1.onSelected = ^{
NSString *str = NSLocalizedString(@"http://tokentoken.com/blog/support-e/", @"SupportSiteURL");

NSURL *target = [[NSURL alloc] initWithString:str];
[[UIApplication sharedApplication] openURL:target];
};

[detailsSection addElement:label1];

QLabelElement *label2 = [[QLabelElement alloc]initWithTitle:str2 Value:nil];
label2.accessoryType = UITableViewCellAccessoryDetailDisclosureButton;
label2.onSelected = ^{
NSString *str = NSLocalizedString(@"http://www.twitter.com/onpuchan_app/", @"TwitterURL");

NSURL *target = [[NSURL alloc] initWithString:str];
[[UIApplication sharedApplication] openURL:target];
};
[detailsSection addElement:label2];

QSection *btnSection = [[QSection alloc]initWithTitle:nil];
[root addSection:btnSection];

QButtonElement *okBtn = [[QButtonElement alloc]initWithTitle:@"OK"];
okBtn.onSelected = ^{
[self dismissViewControllerAnimated:YES completion:^{
//
}];
};
[btnSection addElement:okBtn];

QuickDialogController *qc = [[QuickDialogController alloc]initWithRoot:root];
[self presentViewController:qc animated:YES completion:^{
//
}];

iOS は便利なライブラリがどんどん出てくるので作りたいものに集中できるのはありがたいこと。

追記 2013/09/09

QuickDialog には、QuickDialog内部で使っている便利クラスが存在する。
例えばその中の QWebViewController はリロードボタンや戻る・進むボタンが用意されたViewControllerで、url を渡すだけでWebページを表示してくれる。
ちょっとWebを表示したいだけなので手をかけずに実現したい、という時には便利そう。

    QWebViewController *webC = [[QWebViewController alloc]initWithUrl:url];
    [self.navigationController pushViewController:webC animated:YES];
    [webC release];

関連記事

Apple Developer Program 更新 2017

今年も Developer Program を更新。今年は11800円+税だった。そして証明書も更新

記事を読む

EverLearn-Pebble

2016年の総括

2015年の振り返り を振り返ってみて興味深かったので、2016年も書いてみる。個人的には、2016

記事を読む

no image

最近読んだ本: これでiPhoneアプリが1000万本売れた 南雲 玲生著

周りでおもしろいと言っている人がいたので買ってみた。2011/05/21発売。 株式会社ユードーの南

記事を読む

no image

iPhone Core Audio プログラミング (Extended Audio File Services)

発売日からずっと気になる存在だったが、Audio Queue Services を使ったプログラムを

記事を読む

no image

[iPhone開発本] オライリー iPhoneアプリケーション開発ガイド 感想その1

面白そうだったので発売日に買ってみた。1995円と安いのもすばらしい。 しかしタイトルは一ひねりした

記事を読む

no image

見たかった映画「ソーシャル・ネットワーク」を見る複数の方法

かなり見たかったけれどもふたごが小さくてとても見に行けなかった映画、「ソーシャル・ネットワーク」がも

記事を読む

no image

Pebble E-Paper Watch 届いた! 感想。

追記: Pebble 向けにアプリを作りました。 Kickstarter で iPhone/A

記事を読む

no image

インド式計算マスター

最近朝起きたらやっているアプリ。 これはいい。今まで全く知らなかったインド式計算がいつの日かマスター

記事を読む

no image

Corona SDK 新バージョンリリース

Corona SDKの新バージョンが出た。 Corona SDK: New additions an

記事を読む

新アプリ「ドラムちゃん」を公開しました

2015年から作りはじめた iPad専用 ドラム譜学習アプリ ドラムちゃん を本日 2017/01/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

BluetoothドラムデバイスSenstrokeとFreedrum

ドラム練習アプリドラムちゃん を作って以来、ドラムに興味があるが、実

指輪型Bluetooth楽器デバイス specdrums

https://youtu.be/3916TgLt2v8

LINE Clova ドラえもんを買ってみた

LINE は使っているけれども、Amazon Echo DotとAm

App Annie App Store 連携失敗

App Annie の App Store 連携機能を使って、日々の

自作キーボード Mint60 完成

自作キーボード Mint60 が年末完成していたので、記録を残してお

→もっと見る

  • 2013年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑