Pebble x テニスセンサーSSE-TN1

公開日: : gadget, iPad, iPhone, Pebble

2014年のはじめにテニスセンサーの記事を書いたが、当時はまだセンサー対応ラケットが少なく、最近ようやくラケットとセンサーをそろえることができた。

買ったのはYONEXのVCORE Si100。SV100が発売されたので一つ型落ちになり2万円以下で売られている。

2014年時点ではテニスセンサー対応ラケットは数種類だったが、今はウィンザーで売っている大きなメーカー全てがテニスセンサーに対応していて驚いた。唯一、自社でセンサーを出しているバボラだけは対応していないが。公式ページによると2016年9月時点で160本以上のラケットに対応しているらしい。

ちなみにそれまで使っていたのは2000年にUSで購入したHEADのアガシモデルのラケットだったので、ラケットの進化にかなり驚かされた。こんなに楽になってしまうのか。

テニスセンサーSSE-TN1は2万円弱で購入した。

このセンサーは、ラケットの根元に取り付けて、インパクト位置、ボール回転、インパクトスピード、スイングスピード、ショットの種類を記録する。

測定結果はスマホに表示されるのだが、プレー中にスマホを確認できないので、あとからまとめて確認することになる。

これはこれで役に立つのだが、「今打ったボールはラケットのどこに当たっていたのか?」「この打ち方をするとボールの回転数は上がるのか?」など、その場ですぐに確認したいことが多い。

データの確認方法として、腕時計に表示、音で通知などが考えられるが、今回は毎日活躍中のPebbleスマートウォッチを使ってみた。

以前PebbleとOlympusのレンズカメラを連携させてみたことがあったが、それに続く第2弾になる。

いまさら気づいたが実はAndroid Wear にはすでに対応していたらしい… そしてソニーモバイルコミュニケーションズのSWR50は2016年12月から9800円に値下げされて売られていたらしい。残念ながらもう品切れらしく買えなくなっているが、Amazonではまだ売っているようなので欲しい方はなくなる前にどうぞ。

テニスセンサー用アプリを作るためにはSDKが必要だ。下記からAndroid用SDKが入手できる。

スマートテニスセンサー | Sony Developer World

サンプルアプリはGithubにある。 スマートテニスセンサー | Sony Developer World

しかし、GithubのコードだけではアプリをAndroidスマホ実機で動作させることができず、別途送られてくるPDFにサインして返信し、接続用apkを入手する必要がある。やりとりは英語メールで障壁が高いが、自作アプリを動かすためにがんばろう。

Githubにあるサンプルコードで、Androidスマホとテニスセンサーを接続し、各種データを取得することができる。

今回はそのサンプルコードにPebbleとBluetoothで接続するコードを追加してみた。Android用Pebble SDKは下記にある。Android Studioを使って開発する。

pebble/pebble-android-sdk: Android PebbleKit SDK to talk to the Pebble via Bluetooth

今回AndroidアプリではじめてPebbleと接続してみたが、PebbleのSDKもかなり枯れてきているので、昔iOSアプリを作った頃に比べるとかなりスムーズに開発ができた。つくづく、Pebbleがなくなってしまうのは痛い。

テニススクールで1時間半打ち続けてセンサー側の電池がなくなりかけていたので、スクールで使った場合2時間程度だろうか。充電には数時間かかるようなので、必要なときだけ接続するのがよいだろうか。

自分の場合がんばってスピンをかけても最大5回転/秒程度だった。

今回発見したが、テニスセンサーユーザ全体のデータが公開されていた。 World Data & Lessons | スマートテニスセンサー | ソニー 自分は平均かそれ以下のプレーヤーのようだ…

関連記事

no image

WWDC 2010 開幕

去年と違って今年はすっかりTwitterが一般化しているので、WWDCに行く人たちの様子がよくわかる

記事を読む

Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products

Jony Ive: The Genius Behind Apple's Greatest Produ

記事を読む

no image

2009年11月発売のiPhone SDK関連書籍

11月も良さそうなiPhone SDK本が次々と発売される。 Mac OS X Cocoa プログラ

記事を読む

BluetoothドラムデバイスSenstrokeとFreedrum

ドラム練習アプリドラムちゃん を作って以来、ドラムに興味があるが、実際には練習はできていない。Ro

記事を読む

OLYMPUS AIR A01 とレンズスタイルカメラは何がちがうのか

2015/03/06発売予定のOPCカメラ OLYMPUS AIR A01 が話題だが、同種

記事を読む

KORG nanoPAD2を改造してみた

年末に買ったnanoPAD2はなかなか良いものなのだが、結構強くパッドを叩かないと反応してくれない。

記事を読む

no image

コンビのチャイルドシート コッコロS ヘーゼルナッツ

3番目と4番目の子が生まれたので車を買い、様々なものを買いそろえています。 先週金曜日についに奥さん

記事を読む

no image

おんぷちゃん for iPad 1.3.3 Submit

今回は紅白歌合戦を見ながらSubmit。 相変わらずうちの娘が譜読みに苦労していて新しい曲を弾く

記事を読む

MacPeople は2014年10月号からスマホアプリ開発者向け雑誌に?

。 最近 MacPeople の記事がずいぶんアプリ開発者寄りだなと思っていたところ、2014

記事を読む

GoodNotes5使いこなし

iPad Pro 12.9インチを購入した 理由の一つである、Apple Pencil

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1 USB3.2 5in1ハブ を買ってみた

ちょうどiPhone のリストアを実行中で、2時間程度かかっていたた

Apple Developer Program 更新 2022

今年も Apple Developer Programを更新した。こ

M1 MacBook Air を macOS Monterey にアップデート

Xcode 13.3 アップデート するために、macOS

Xcode 13.3 アップデート

iPhone 11 Pro Max の iOSを15.4に上げてしま

[Apple Event]最高峰を解禁。

2022/03/09 3:00AM JST にApple Event

→もっと見る

  • 2016年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑