Pebble x テニスセンサーSSE-TN1

公開日: : gadget, iPad, iPhone, Pebble

2014年のはじめにテニスセンサーの記事を書いたが、当時はまだセンサー対応ラケットが少なく、最近ようやくラケットとセンサーをそろえることができた。

買ったのはYONEXのVCORE Si100。SV100が発売されたので一つ型落ちになり2万円以下で売られている。

2014年時点ではテニスセンサー対応ラケットは数種類だったが、今はウィンザーで売っている大きなメーカー全てがテニスセンサーに対応していて驚いた。唯一、自社でセンサーを出しているバボラだけは対応していないが。公式ページによると2016年9月時点で160本以上のラケットに対応しているらしい。

ちなみにそれまで使っていたのは2000年にUSで購入したHEADのアガシモデルのラケットだったので、ラケットの進化にかなり驚かされた。こんなに楽になってしまうのか。

テニスセンサーSSE-TN1は2万円弱で購入した。

このセンサーは、ラケットの根元に取り付けて、インパクト位置、ボール回転、インパクトスピード、スイングスピード、ショットの種類を記録する。

測定結果はスマホに表示されるのだが、プレー中にスマホを確認できないので、あとからまとめて確認することになる。

これはこれで役に立つのだが、「今打ったボールはラケットのどこに当たっていたのか?」「この打ち方をするとボールの回転数は上がるのか?」など、その場ですぐに確認したいことが多い。

データの確認方法として、腕時計に表示、音で通知などが考えられるが、今回は毎日活躍中のPebbleスマートウォッチを使ってみた。

以前PebbleとOlympusのレンズカメラを連携させてみたことがあったが、それに続く第2弾になる。

いまさら気づいたが実はAndroid Wear にはすでに対応していたらしい… そしてソニーモバイルコミュニケーションズのSWR50は2016年12月から9800円に値下げされて売られていたらしい。残念ながらもう品切れらしく買えなくなっているが、Amazonではまだ売っているようなので欲しい方はなくなる前にどうぞ。

テニスセンサー用アプリを作るためにはSDKが必要だ。下記からAndroid用SDKが入手できる。

スマートテニスセンサー | Sony Developer World

サンプルアプリはGithubにある。 スマートテニスセンサー | Sony Developer World

しかし、GithubのコードだけではアプリをAndroidスマホ実機で動作させることができず、別途送られてくるPDFにサインして返信し、接続用apkを入手する必要がある。やりとりは英語メールで障壁が高いが、自作アプリを動かすためにがんばろう。

Githubにあるサンプルコードで、Androidスマホとテニスセンサーを接続し、各種データを取得することができる。

今回はそのサンプルコードにPebbleとBluetoothで接続するコードを追加してみた。Android用Pebble SDKは下記にある。Android Studioを使って開発する。

pebble/pebble-android-sdk: Android PebbleKit SDK to talk to the Pebble via Bluetooth

今回AndroidアプリではじめてPebbleと接続してみたが、PebbleのSDKもかなり枯れてきているので、昔iOSアプリを作った頃に比べるとかなりスムーズに開発ができた。つくづく、Pebbleがなくなってしまうのは痛い。

テニススクールで1時間半打ち続けてセンサー側の電池がなくなりかけていたので、スクールで使った場合2時間程度だろうか。充電には数時間かかるようなので、必要なときだけ接続するのがよいだろうか。

自分の場合がんばってスピンをかけても最大5回転/秒程度だった。

今回発見したが、テニスセンサーユーザ全体のデータが公開されていた。 World Data & Lessons | スマートテニスセンサー | ソニー 自分は平均かそれ以下のプレーヤーのようだ…

関連記事

no image

EverLearn Ver.1.2.0 が公開されました

EverLearn Ver.1.2.0 が昨日公開されました。 今回は8/28にSubmitして、

記事を読む

no image

RPG風タスク管理アプリ EpicWin

Designed for Use を読んでいて、例として紹介されていたので試しに買ってみた RP

記事を読む

no image

iPad のマルチタッチジェスチャーによるバグ

iPad/iPad2 はXcodeを利用することでマルチタッチジェスチャーが利用可能になっていました

記事を読む

半年かかってZOZOスーツ届いた

ZOZO SUIT が昨日2018年6月3日にようやく届いた。注文メールを探してみたところ、去年の1

記事を読む

no image

BUFFALO ハイパワー無線LANルーター WZR-HP-G301NH

しばらくいろいろ機種を検討していたが、BUFFALOの2010年型無線LANルーター WZR-HP-

記事を読む

no image

東プレ Realforce 専用交換キーキャップ 2011/05/17

等荷重のRealforceを探すために時々検索をしているが、この前たまたま発見して注文したもの。 あ

記事を読む

Amazon Echo Dot 購入

しばらくは招待制で買えなかった Amazon Echo Dot を2018年1月に購入した。その前に

記事を読む

DisplayPort to HDMI変換ケーブル QGEEM QG-HD02

以前会社で使っていた HP Elitebook 820 G3は DisplayPort があり、A

記事を読む

no image

有料iPhoneアプリを売る手続き

AppStoreで無料アプリを配布している分には必要ない手続きだが、有料アプリを売ろうと思うといろい

記事を読む

no image

電子書籍を出してみたよ! を買ってみた。

面白そうだったので買ってみた。電子出版に興味のある出版関係者で集まってKindle Storeで日本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

M1 MacBook Air起動時に「問題が発生したためコンピュータを再起動しました」と表示される

M1 MacBook Air 購入直後は発生していなかったのだが

昭和書体の鬼セットと鬼セット2購入

鬼滅の刃で使われているかっこいい書体を知っているだろうか。 こ

2020年大晦日

毎年年末は家族で旅行に出かけていたが、今年はコロナウィルスの

M1 MacBook Air に Apple LED Display をつないでみる

先日 M1 MacBook Air を購入 した。 今

DisplayPort to HDMI変換ケーブル QGEEM QG-HD02

以前会社で使っていた HP Elitebook 820 G3は Di

→もっと見る

  • 2016年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑