PebbleKit iOS SDK dynamic framework 問題

公開日: : 最終更新日:2016/02/28 iPad, iPhone, Pebble

Embedded Binaries

最近 EverLearn の Pebble アプリがiOSアプリと接続できずエラーが表示されるので、重い腰を上げて PebbleKit iOSを最新に上げてみた。

cocoapod を使っているので pod install で更新されるのだが、pod install するたびに Xcodeの Build Settings > Build Active Architecture Only が YES になるので、まずその設定を NO に修正。

これでビルドは通るようになるのだが、次に今までみたことがないエラーが表示された。

dyld: Library not loaded: @rpath/PebbleKit.framework/PebbleKit Referenced from: /var/mobile/Containers/Bundle/Application/…

Reason: image not found

結局この解決に1日使ってしまったが、

pebble/pebble-ios-sdk at 3.1.1: iOS PebbleKit SDK to talk to the Pebble via Bluetooth をみると

PebbleKit is now a dynamic framework. とある。

いろいろ調べたところ iOS8からそれまでは OS Xでしか利用できなかった dynamic framework が利用可能になったらしい。 Swift をサポートするためには dynamic framework でなければいけないようで、PebbleKit iOSはSwift対応したのでその際に dynamic framework 対応もされたらしい。

そして、dynamic framework を利用するためには General > Embedded Binaries に PebbleKit.framework を追加しないといけないらしい。

Embedded Binaries with iOS Framework – Stack Overflow

ということで、今は動くようになった。

しかし Pebble のBluetooth 接続がおかしいので Reset したら、PebbleのUpdate Server が止まっているらしく復旧ができなくなってしまった。

困るので早く直して下さい Pebble.

2016/02/28 更新

その後Pebbleのサポートに連絡してみたところ、iPhone側をリセットすることで解決できた。サーバー側の問題ではなかったようだ。 Pebble Update Server Error 問題 | tokentoken.com

そして Dynamic framework 問題だが、PebbleKit Framework をダウンロードして解決したと思ったら、App Storeへのアップロード時に問題が発生してしまった。 appstore-errors

Pebbleサポートに問い合わせしたところ、Frameworkファイルを直接組み込んだ場合は、自分で不要なものを strip しないといけないらしい。

He has to strip the framework from the simulator architectures before sending it to the App Store. Cocoapods and Carthage do this for you. You can use the Carthage method instead of creating your own script: https://github.com/Carthage/Carthage and look for step 4 for the carthage copy-frameworks build phase.

cocoapod を使えばその処理は不要だというので、以前失敗したのだが… と思いつつ再度試したところ、今回はなぜか大丈夫だった。

ということで今は cocoapod を使ってビルドもApp Storeへのuploadでもできている。以前なぜできなかったのかは不明だ。

関連記事

no image

リズムくんHD 1.0.1 をリリースしました (2012/09/01)

iPhone/iPad はサイレントモードにしても音が鳴る | DevCafeJp iOSの消音

記事を読む

no image

[iPhone開発本] 基礎から学ぶ iPhoneアプリ開発 林 晃著

基礎から学ぶ iPhoneアプリ開発 という本が2010年7月24日に発売になるらしい。 題名にはま

記事を読む

no image

Corona SDK本が出るらしい 「Corona SDK」ハンドブック2011

値段的に一般人向けではないけれども、Corona SDK 本が出るらしい。 自分がCorona SD

記事を読む

no image

アップルiPodイベント 2009.9.9

9月9日のアップルのiPodイベント rock and roll が迫ってきた。 しばらく前から楽し

記事を読む

[iOS SDK] EverLearn 3Dタッチ対応

iPhone 7 Plus を購入したので、まずは EverLearn から、3Dタッチの対応を行い

記事を読む

安くなったPFUのSnapLiteを買ってみた

昔からほしかったが高くて手が出なかったPFUのSnapLiteが2018年3月に販売終了になったらし

記事を読む

no image

iPhone OS 3.0 GM Seed vs Final version

iPhone OS 3.0 が6月18日(木)より公開されているが、自分はiPhone Develo

記事を読む

[iOS SDK] iPad 専用アプリをiPhoneでも使えるようにする

 iPad 初代やiPad2の頃は、iPhoneとiPadの画面サイズがかなり異なり、また

記事を読む

no image

iPad/iPhone 開発本が山のように出るようだ

なんつーかもうすごい状況。もっと出るみたい。 Beginning iP

記事を読む

no image

[iOS SDK] 物書堂の辞書アプリと連携してみた

物書堂は使い勝手のよい辞書アプリをたくさんリリースしている会社だ。 今作っている英単語学習アプリで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

watchOS6でWKRefreshBackgroundTaskが動かない

自作アプリ Watch Battery Loggerの改良版を作って

Xcode 11.2 Release

Xcode 11.2 がようやくリリースされた。これにより、

dyld`__abort_with_payload:でクラッシュ WatchKitApp on Xcode11.1

Xcode 11.0 や Xcode11.1で以前はビルドし

【電子版】雰囲気でOAuth2.0を使っているエンジニアがOAuth2.0を整理して、手を動かしながら学べる本

台風で家にこもっているので、気になっていた 【電子版】雰囲気でOAu

MacFan 2019年11月号購入

毎年この時期は必ず Mac雑誌を買っている。発売されたばかりのiPh

→もっと見る

PAGE TOP ↑