M1 MacBook Air に Apple LED Display をつないでみる

公開日: : M1 Mac

先日 M1 MacBook Air を購入 した。

今M1 MacBook Airでこのブログを書いているが、非常に快適だ。ファンがないため無音だし、ほんのりとも熱くない。そのうちにこれが普通になってしまうと思うが、現時点では異次元の性能をもつPCだ。

ただ、今回発売された MacBook AirとMacBook ProはUSBポートが2つしかなく、自分のように 27インチ LED Cinema Displayをつなごうと思うと、1ポートはディスプレイに占有されてしまう。

そもそもDisplayPortを安定して使用できるアダプターがあるか心配だったが、検索したところマーサリンクのマーサリンクのUSB C – Mini DisplayPort 変換アダプタ USB 3.1 Type C to Mini DisplayPort 音声サポート オス-メスが評判が良かったので購入。1280円。色もゴールドとシルバーが選べる。

残り1ポートで充電器と複数のUSB機器を接続したいが、どうも手持ちのType-Cハブを接続してみると、HDMI出力機能が入っていると、DisplayPortとぶつかってしまうのか、DisplayPortに映像出力がされなくなってしまう。

また、不要な問題を引きたくないため、LAN機能も不要。

そのため、本体充電ができて、HDMI出力やLANポートがないType-Cハブが必要なのだが、探してみると意外に少ない。というか、そもそもどうやって検索して良いかわからない。

しばらく検索していて、「パススルー充電」が、「PCに優先的に給電する」機能であることがわかり、最終的に LENTIONの4ポートUSB Type-C ハブ CB-C31を購入した。2980円。

この製品はシンプルにUSB Type-Aが4ポート増設でき、Type-C ケーブルで充電も可能。シルバーやスペースグレイがあり、自分の機体の色に応じて選ぶことができる。自分はスペースグレイを選択した。今のところゴールドモデルがないようなので、ゴールド派は困るが。

まずは最初の週末は Xcode のインストールと github との連携設定を行ったが、Xcodeのインストールでも端末がまったく熱くならない。

ビルドは高速。設定変更のためにシステムの再起動が複数回必要となっても、起動が高速なため苦にならなかった。

これまで使っていたMacBook Pro Mid 2012では、内蔵ディスプレイを閉じたクラムシェルモードでもマウスやキーボードをさわることでスタンバイからレジュームできていたが、現状だと M1 MacBook Air では一度ディスプレイを開かないとレジュームできないように見える。自分はクラムシェルモード+REALFORCEキーボードで使うことが多いため、今後方法を模索してみることとする。

関連記事

M1 MacBook Air を購入

Appleシリコン搭載Mac発表? に書いたAppleシリコン搭載Macを試しに会社で検証

記事を読む

M1 MacBook Air起動時に「問題が発生したためコンピュータを再起動しました」と表示される

M1 MacBook Air 購入直後は発生していなかったのだが、1ヶ月ほどたってからだろうか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Apple Developer Program 更新 2021

毎年の Apple Developer Program 更新の月

auからUQモバイルに乗り換えてみた

今更ながら、auからUQモバイルに乗り換えてみた。

App Bundle は公開後は追加・削除できない

App Storeには App Bundleという仕組みがあり、複数

The file XXX couldn’t be opened because you don’t have permission to view it.

The file XXX couldn't be opene

M1 MacBook Air起動時に「問題が発生したためコンピュータを再起動しました」と表示される

M1 MacBook Air 購入直後は発生していなかったのだが

→もっと見る

  • 2020年12月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑