Amazon Web ServicesあらためAmazon Product Advertising APIのObjective-Cでの利用

公開日: : 最終更新日:2011/10/30 iPad, iPhone, , ,

去年はC#でAmazon Web Serviceを使ったデモアプリを作成していたのだが、今年はiPhoneで作ってみようと思い、記憶をたどってRESTを発行してみたところエラーになる。
これはなぜか? と調べていたところ、何と2009/8/15からAmazon Web Serviceが名前も変わって複雑な手順で呼び出さないと使えない仕様になっていた。
これはWeb開発者からするとおまえいまさら何をいってんだよという話題なんだろうけど、その手順の面倒さに結構驚いた。
とりあえずObjective-Cで作るとしたら、Representationsのページか、Switch!のページが良さそうだ。
あとは、認証対応するステップに関してはAjaxtowerさんAmazon本家のページか。

実際のProduct Advertising APIへ渡す検索文字列に関してはAmazonのProduct Advertising APIページか。
Signed Requests Helperという、Signed になっていない従来のURLをSignedの文字列にするページも公開されていた。実際にここでSignedなURLを作成してみると、どんなステップでどんな文字列が生成されるのか分かって理解しやすい。
渡すREST文字列の構成方法はここに書かれていた。一番使いそうなItemSearchは、API Reference → Operations → ItemSearch にある。
Java、C#、Perl、PHPのサンプルコードも公開されていた。
さすがにObjective-Cのコードはなかったが。

試しにiPhone用にObjective-Cで作ってみる

Representationsのページを参照させてもらい、iPhoneでAmazon Product Advertising APIを使うコードを書いてみる。
流れとしては、下記の通り。

  1. リクエストを生成する
  2. Timestampを付加する
  3. Query Parameterをアルファベットでソートする
  4. カンマやコロンなどをEscapeする
  5. 先頭にGET ecs.amazonaws.jp /onca/xml の文字列追加する(実際にはリージョンにより変える、そして改行が入る)
  6. SHA256のHMACを使って書名を作成する

引っかかったところ

ステップ2

iPhoneではNSCalendarDateは使えないらしい。

仕方ないので、NSDateFormatterのsetDateFormatにフォーマット文字列を渡して、さらにsetTimeZoneでタイムゾーンを設定してstringFromDate で規定のフォーマットのタイムスタンプを取得する。

 NSDateFormatter *form = [[NSDateFormatter alloc]init];
[form setDateFormat:@"yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss'Z'"];
[form setTimeZone:[NSTimeZone timeZoneForSecondsFromGMT:0]];
NSString *tstamp = [form stringFromDate:[NSDate date]]; 

ステップ4

ステップ4.の文字列のEscapeでも、”(ダブルクオート)がエスケープできなくてしばしはまる。¥ではなく\でエスケープしないといけないらしい。
表示だけの問題で、¥記号はちゃんとバックスラッシュになっていると思ったのだが、ちがうらしい。

ステップ6

Representationsのページではpublic domain code を使っているが、付属のCCHmacで問題ないと思ったため Switch!のページを参考にして、CCHmacを使う。
stringEncodedWithBase64 に関してはネットを検索して出てきたものを参考にさせてもらった。

これで一応完成のはず。

2010/11/02 追記
かなり久しぶりにAmazon Product Advertising API を使ったアプリを改造していたところ、AmazonからSignatureDoesNotMatchが返ってくる。
眠かったのもあって数時間はまっていたのだが、結局上記の Signed Requests Helper を使ってようやく原因が分かった。
Query Parameter をアルファベット順でソートしていなかったためだった。
このブログを書いているときは意識していたのだが、コード片をコピペして改造していたらそのことはすっかり忘れていた。
ということでこのエラーが出たらそういう可能性も疑ってみてくだされ。
BrowseNode 自体は、Amazon.co.jp はこちらで、Amazon.com ならこちらを参照した。

追記 2011/10/30

デジモノに埋もれる日々: Product Advertising API の仕様変更アナウンス – ItemSearchで10ページ制限?!など
さっぱりフォローしていなかったが仕様変更が行われていた。
AssociateID が必須になったということで試してみたがさっぱり動かないので調べていたところ下記を発見。
Amazon Product Advertising APIの仕様変更について – SirMilesの独り言
AWSAccessKeyId はパラメータ群の最初に持ってこないといけないとのこと。
確かにそのようにしたところ動作した。

関連記事

Reject 履歴 おんぷちゃん 1.9.1

iOS14からおんぷ先生と接続できない の修正のため、久しぶりにおんぷちゃんを更新したとこ

記事を読む

no image

Android2.1プログラミングバイブル (布留川 英一)

Android本2冊目。Android Hacks はやはりAndroid初心者には難しかったので、

記事を読む

[読んだ] 日本人の9割に英語はいらない 成毛眞

元マイクロソフト社長の成毛さんの本。 刺激的なタイトルにひかれて読んでみたが、書かれていることは至

記事を読む

PebbleアプリのPebble Time Round対応

BeforeAfter 丸くなったPebbleを初レビュー。ギークじゃなくても使えるスマートウォッチ

記事を読む

no image

やはり新touchは待ちか…

今年のiPodイベントは、超びっくりは無かったけれどもまずまずみんな満足したのだろうか。 自分はカメ

記事を読む

no image

iPhone アプリアイコン設定

AppStore でアプリを売る一連の流れを知るために作っているアプリが大体できてきたので、ついにア

記事を読む

FlashAir W-03活用開始

ようやく休みになったので、FlashAir W-03を活用してみることにした。まずは、iOSから使え

記事を読む

スティーブズ第2巻 うめ著

スティーブズ2巻、激しく熱かった。 かなり意図的にマンガ化していて、ちょっとやりすぎだと思うと

記事を読む

no image

MacPeople 2009年4月号

MacPeopleは毎月何らかの発見があるのでここ数年買い続けている。津田大介氏や塩澤一洋氏の連載も

記事を読む

no image

[iPhone SDK] アプリケーションのローカライズ

iPhoneアプリを作っていて、一通り作り終わったら最後にやる作業の一つとして、ローカライズがある。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[Xcode] Interface Builder でControl+ドラッグでOutletが作成できない

たまにInterface Builder でUI作っているとはまるの

Ember Mug用のふたを買ってみた

Ember Mug Lid 2022年あけましておめでとうござ

Google Search Console の利用を開始してみた

YouTube DATA API (iOS Quickstart  

Xcode 13.1 アップデート

Apple、統合開発環境「Xcode 13.1」をリリース:Code

watchOS8 アップデート内容

この前購入した Apple Watch SE は watchOS 7

→もっと見る

PAGE TOP ↑