WWDC にひとりで参加する人向け情報

公開日: : 最終更新日:2012/06/16 iPad, iPhone

WWDC 2011 に行ってきたの続編。
自費で1人で参加したのだけれども、当時あまりそういう人向けの情報が見つけられなかったので、同じように今年1人で参加する人向けに書いてみる。
2011年6月時点の情報なので、当時と事情が変わっていたらごめんなさい。

食事

まず、1人で参加すると困るのが、毎日の食事ではないだろうか。
昨日も書いたけれども朝と昼は会場入りすればパンや飲み物が置いてある。
問題は夜で、USで外食している人はたいてい夫婦や家族連れなので、なかなか1人でふらっとは入りづらい。
いろいろなところにトライするのが海外旅行の醍醐味だけれども、今回は面倒だったのでほぼ毎日ウエストフィールドサンフランシスコセンターのフードコートを利用してみた。
サンフランシスコのショッピングモール・アウトレット [サンフランシスコ] All About
買ってその場で食べられる店がたくさん集まっているので、毎日行ってもあきないし、1人で来ている人も大勢いるし広いのでのんびり食べられる。
かなりお世話になりました。
IMG 0588
こんな感じのものを日替わりでいろいろ食べていた。


大きな地図で見る

後は普通にスタバやマックなどがあるので日本と同じように利用すれば良い。

前日の暇つぶし

たいていの人は初日の前日の日曜日にSFOに入ると思うので、その日は何か見学したいのではないかと。
自分の場合は、AT&T Park で野球観戦をした。

大きな地図で見る
ちょっと遠いけど Moscone Center から歩いて行けるし、アメリカの球場は開放的で、天気が良いととても気持ちがいい。
IMG 0550
IMG 0544
IMG 0545
ただ、当日行くとチケットが売り切れていて入れなかったりする。
実際自分が行ったときも、「もう全部売り切れだ」と門番の人に言われたのだけれども、そこはUSなので違う入り口に行って聞いてみるとチケットはまだあったりする。自分はまだ買えた立ち見券を買って入った。
ちなみに、券を買わなくてもフェンス越しに見られる場所があって、それなりに人がたくさん見ているところもある。
IMG 0543
雰囲気を味わいたいだけであればそこに行く手もあるかと。
この写真は鉄格子越しに撮っているけれども、実際はこの中に入ってみられる。
門番の人に、ただで見られるところはないか、と聞けば教えてもらえるはず。
自分みたいに行き当たりばったりではなく、用意周到に行きたければ、日本でチケットを予約していくという手もあるのではないかと。やったことないので説明できないけれども。

もしくは、もう一日早くSFOに入って、Apple 本社参りをするのもありかと。
タクシーは高いし、初めての海外だとレンタカーも不安かと。その場合バスでも行けるらしい。
ちょっと古い情報だけれどもテトラスタイルの人の情報。
DJGJ.jp: そうだ、Apple 本社に行こう、、、バスで。
あとは、WWDC最終日は午前中で終わりなので、午後から本社参りをする手もあるかと。Storeが何時までやっているかわからないですが。

最終日

WWDC最終日は午前中で終わると思われるので、午後は観光に行ける。
自分はBeer Bashで知り合ったテトラスタイルの方のおすすめで、California Academy of Science に行った。
Moscone Center 近辺からバスで行ける。
入場料 大人 $29.95。
100 8378
水族館と植物園がまざったような不思議な場所。アルビノのワニが出迎えてくれる。

100 8391
この時期のサンフランシスコは日が長いので、博物館を追い出されてもまだしばらく外は明るい。
ということで、この後Golden Gate Bridge にも行ってみた。バスを乗り継いで行く必要がある。
うまくつけるか自信ががない場合、Goldgen Gate Bridge, Goldgen Gate Bridge, と連呼していれば運転手が「乗れ」「降りて乗り換えろ」と教えてくれる。

100 8406
橋を渡ると向こう岸は行き止まりになっているので戻ってこなければならないけれども、往復で1時間くらいだろうか。
橋は結構揺れるので驚くのではないだろうか。自分は高所恐怖症なので相当怖かった。

あとは普通に Pier 39に行くとか。
サンフランシスコのピア39
アルカトラズ島に渡ってみるとか。上陸するツアーはすぐ売り切れてしまうので、舟に乗って近くまで行くツアーに参加するとか。(これはあまり楽しくない記憶があるけれど)
海岸周辺はいろいろ見るところがあるのでどうぞ。
並んでケーブルカーに乗ってみるという手もありますな。
または、歩いてロンバード通りに行ってみるとか。
サンフランシスコはいろいろ行くところがありますな。

仲間を増やす

自分の時には、WWDC参加者Twitterアカウントリストができていたので、その人達をフォローして突然企画される集まりなどに参加していた。
テトラスタイルの人によると、2009年や2010年はMOSAの人たち主催などで日本人の集まりなどが開催されていて、そこで知り合いを増やしたりしていたらしい。しかし2011年はそれまでにないくらい早くチケットが売り切れてしまったので、MOSAの人たちもチケットを取れなかったらしい。

今年はそういう集まりがあるのだろうか。
もしなくても、せっかくなので積極的に声をかけたりTwitterで発言したりして仲間を増やすのが良いかと。
自分自身それほど増えなかったのであまり参考にはならないですが。

ということで、今年参加される方はいろいろ楽しんできてください。

関連記事

no image

iPad mini 用透明ハードケース eggshell for iPad mini

iPad mini 用にハードケースを購入した。 iPad 用ケー

記事を読む

ドラムちゃんに電子ドラムiWordを接続する

ドラム譜学習アプリ「ドラムちゃん」に、安価なMIDI電子ドラム iWord を接続する方法を説明し

記事を読む

Topeak iPhone6 Plus 用ライドケースセットを買ってみた

家から最寄り駅まで歩くと結構時間がかかってしまうため、駅前に駐輪場を借りてそこまで自転車で通勤してい

記事を読む

Photoshop のバッチ処理でiOSアプリアイコンを一括作成する

毎回苦労しているiOSのアプリアイコン作成。今回はPhotoshopのバッチで作成してみる。前回は 

記事を読む

no image

View-Based ApplicationにUINavigationControllerを追加する方法

(いろいろ間違っていたので 2009/05/13 更新) (さらに 2009/08/08 更新) こ

記事を読む

no image

Admob に関して少し調べてみた

iPhoneアプリとAndroidアプリでAdmobを使って広告を表示してみているが、いまだに管理画

記事を読む

no image

暗記サポートアプリ YUBImarker

暗記サポートアプリを探している。 YUBImaker はちょっと良さそうなんだけれども、なかなかiP

記事を読む

no image

iPhone SDK開発のネタ帳 マルチタッチ対応

iPhone SDK開発のレシピにはいろいろ役に立つ内容があったので、同じようなことをブログに書いて

記事を読む

no image

[iPhone SDK] ネットワーク接続中を示すぐるぐるの表示

いつも忘れて検索してしまうので自分のブログにメモ。 iPhoneのインジケーターバー(?)にぐるぐ

記事を読む

no image

[iPhone アプリマーケティング] Yappler.com に登録してみた

たまたま検索していて発見した、Yappler.com に試しに登録してみた。 iPhoneアプリ開発

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

昭和書体の鬼セットと鬼セット2購入

鬼滅の刃で使われているかっこいい書体を知っているだろうか。 こ

2020年大晦日

毎年年末は家族で旅行に出かけていたが、今年はコロナウィルスの

M1 MacBook Air に Apple LED Display をつないでみる

先日 M1 MacBook Air を購入 した。 今

DisplayPort to HDMI変換ケーブル QGEEM QG-HD02

以前会社で使っていた HP Elitebook 820 G3は Di

M1 MacBook Air にリストラグを貼ってみた

M1 MacBook Air の筐体が冷たくて作業時につらいのでパー

→もっと見る

PAGE TOP ↑