EverLearn 1.9.0 に音声認識機能を追加しました

公開日: : 最終更新日:2017/07/16 English, iPad, iPhone

EverLearn 1.9.0 にて音声認識機能を追加しました。

ホーム画面から、マイクボタンを押していきなり発音することで英単語を調べることが出来ます。個人的にかなり便利に使ってます。

正しい発音をしないとなかなか認識されないので、発音の練習にもなるかもしれません。

中にはどうしても認識されない単語もあります(自分は lithe は何度試しても他の単語として認識され、一度しか成功したことがない)が、このアプリは英単語を覚えるためのものなので、認識に苦労することで覚えられることもあるかも知れません。

EverLearn ユーザの方はぜひアップデートしてお試しください。

技術的には、iOS10で導入された SFSpeechRecognizer を使っています。このため、iOS10以降の機種でのみ利用できる機能になります。

[iOS 10] SFSpeechRecognizerで音声認識を試してみた | Developers.IO

EverLearn voice recognition (音声認識) from token on Vimeo.

関連記事

no image

インド式計算マスター

最近朝起きたらやっているアプリ。 これはいい。今まで全く知らなかったインド式計算がいつの日かマスター

記事を読む

英辞郎第7版からアルクのSVLを EverLearn に取り込む方法

英辞郎 第七版(辞書データVer.136/2013年1月8日版)アルク企画開発部 アルク 2013

記事を読む

[iOS SDK] UIAlertView が消えた後にキーボードが表示される

昔書いたコードで、UIAlertView に setAlertViewStyle で UIAlert

記事を読む

[iOS8] BlocksKit で不具合発生

iOS8 にアップデートしたところ、BlocksKit の UIAlertView と UI

記事を読む

EverLearnのURLスキーム

EverLearn の URL スキームをちゃんと公開していなかったので公開しました。EverLea

記事を読む

no image

はじめてのiPhoneプログラミング

さらにiPhoneプログラミング本が出るらしい。出版ラッシュですな。 これは568ページもあるらしい

記事を読む

no image

iPhone アプリアイコン設定

AppStore でアプリを売る一連の流れを知るために作っているアプリが大体できてきたので、ついにア

記事を読む

[購入報告] ELECOM BluetoothオーディオレシーバLBT-ACR02HF

今乗っているHONDA Freed にはHDD付きカーナビが搭載されていて、CDからリッピングしたデ

記事を読む

no image

[iOS SDK] 処理中の表示に便利 SVProgressHUD

以前 MBProgressHUD の記事を書いたが、たまに使うと使い方をすっかり忘れている。 やり

記事を読む

no image

[iPhone 開発本] Objective-C 逆引きハンドブック

854ページの大著。C&R研究所というところから出版されている。ページはこちら。目次はこちら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Apple Special Event September 2018

今年も新型iPhoneを発表するアップルのスペシャルイベントが2018

Mint60のFirmwareをOSX用に書き換えてみる

Mint60のFirmwareを書き換えてみる前回、自作キーボードキッ

安くなったPFUのSnapLiteを買ってみた

昔からほしかったが高くて手が出なかったPFUのSnapLiteが201

Mint60のFirmwareを書き換えてみる

自作キーボードキット Mint60 を買ってみた自作キーボード Min

自作キーボードキット Mint60 を買ってみた

8/4(土)のMaker Faire 2018に参加して、自作キーボー

→もっと見る

  • 2017年5月
    « 4月   6月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑